Top >  便秘関連 >  便秘と動物

便秘と動物

東洋医学に基づいた考え方として、便秘が起こるのは「濁」が正常に機能していないためだと紹介しましたね。
ですので、脾胃の機能を高めるための漢方薬を処方するのです。
それでは、脾胃の機能を高める漢方薬について紹介しましょう。
まず、肝気が脾胃にのらないようにして便秘の悪循環を断つ桂枝加芍薬大黄湯・脾胃の機能をより強くする黄耆建中湯・補血の基本方剤で内臓の機能を全体的に高めてくれる四物湯などです。
これらで便秘を改善するとされています。
さて、便秘についてですが、便秘になるのは人間だけだと思われますよね。
実はそうではないのです。
野生動物は毎日活動的に動き回っている・・・といったイメージがありますよね。
野生動物たちは便秘などには縁がないかもしれません。
ですが、ペットとして家庭で飼われている動物達はどうでしょうか?
飼い主と同じような生活をして同じような食生活であれば・・・便秘になる可能性はあるのです。
そして、便秘になりやすいのは猫が圧倒的に多いのだそうです。
猫のほうが運動不足なのかもしれませんね。

 <  前の記事 脾胃とは  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6287

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「便秘 ~便秘解消とっておきのコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。