Top >  便秘解消 >  弛緩性便秘を解消するには

弛緩性便秘を解消するには

便秘解消のツボについて紹介しています。
前回は大腸兪・大巨・水道・支溝の4つのツボを紹介しました。これら便秘解消に効果があるといわれているツボのなかには手に位置する支溝なんてのもあります。
今回紹介するツボは、「足」に位置していて、膝の外側から下に指4本分下がり、向こう脛のすぐ外側に位置にある あしさんり(足三里と書きます)です。
このツボは以前紹介した常習性便秘の「弛緩性便秘」・「直腸性便秘」・「痙攣性便秘」という3種類の便秘のうちの弛緩性便秘に対し効果があるそうです。ただ、この弛緩性便秘とは筋力低下や運動不足が便秘の原因とされているので、ツボやマッサージに加えて運動や、以前紹介した体操も併用するように心がけたほうが効果はよりあるようです。
次回からは「直腸性便秘」・「痙攣性便秘」に対しても効果があるといわれるツボについても紹介していきます。

 <  前の記事 東洋医学に基づいた便秘解消法とは  |  トップページ  |  次の記事 直腸性便秘を解消するには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/4123

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「便秘 ~便秘解消とっておきのコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。