Top >  便秘解消 >  薬を飲むリスクとは

薬を飲むリスクとは


妊娠と便秘はワンセットと言っても過言ではないかもしれません。
それほど妊娠している女性に便秘の人が多いということでしょう。
妊娠すると便秘になるのはいろいろな要因があります。
妊娠すると分泌される黄体ホルモンであったり、胎児が大きくなるに連れて大きくなる子宮が腸を圧迫することであったり・・・
子宮がおおきくなり、腸を圧迫すると便は腸を通りにくくなってしまうのです。
便秘を解消する方法として「薬」を処方するというのもある意味、有効ではありますがお腹の胎児に影響を与える可能性がないとは言い切れませんのでできれば飲まない方がいいかもしれません。
もし、便秘薬を飲んでそのせいで胎児に悪影響を与えてしまうような事態はできれば避けたいですよね。
そして、便秘対策として体操をすると良いとされているようですが、妊娠中はリスクも伴うのです。

 <  前の記事 妊娠すると便秘になるの?  |  トップページ  |  次の記事 妊娠と便秘のつながり  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/3815

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「便秘 ~便秘解消とっておきのコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。