Top >  便秘解消 >  便意と精神面

便意と精神面


便秘を解消する上で忘れてはならないことは、きちんと3食食べることや水分を取ることのほかに精神面が便秘に関係する場合があるのです。
便意を我慢していると便意を感じなくなりますよね。
これを積みかせねて行くうちにどんどん便秘は悪化するのです。
ですので、便意をもよおした時は便意を無視せず、我慢せずとりあえずトイレに行くべきなのです。
これをするだけで便秘が解消される人もいるかもしれません。
そして、便意を感じなくても毎朝同じ時間にトイレに行くということも便秘解消には効果的なのです。
便秘を感じたらトイレに座る。
これを習慣付けることによって便意を脳に伝えるという働きが復活するのです。
その結果、便秘解消となるのではないでしょうか。
こういった考え方はすべての便秘解消法に共通するのかもしれません。
ですので、無理をしない・我慢しないと言うことはとても大切ですね。

 <  前の記事 赤ちゃんでも便秘にはなる  |  トップページ  |  次の記事 なぜ赤ちゃんは頻繁に便を出すのか  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/3808

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「便秘 ~便秘解消とっておきのコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。