Top >  便秘解消 >  痙攣性便秘とは

痙攣性便秘とは

以前、「直腸性便秘」と「弛緩性便秘」について紹介しました。
今回は痙攣性便秘について紹介します。
痙攣性便秘は弛緩性便秘とは正反対にあたります。
弛緩性便秘になってしまうの人は加齢や運動不足などでお腹の筋力が弱くなっていることが原因だと紹介しましたね。
なのでその逆ということは筋肉がモリモリある人なのかと思いがちですが、そうではありません。
痙攣性便秘が起こる原因として過度のストレスや疲れといったことがあげられます。
ストレスなどを感じると内臓が緊張してしまいます。
痙攣や収縮があまりに強いと便の流れが悪くなります。
そして、便秘になってしまうのです。
お腹が痛いのに便が少なかったり便が出なかったりといった状態でしたら、この痙攣性便秘を疑ってみるといいかもしれません。
そして便の特徴として「ウサギ」の糞を連想させるような形をしているんだそうです。

 <  前の記事 弛緩性便秘とは  |  トップページ  |  次の記事 便秘の解消法とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/1275

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「便秘 ~便秘解消とっておきのコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。