Top >  便秘対策 >  脾胃とは

脾胃とは

東洋医学でもいろいろと便秘について研究されているようです。
それでは、東洋医学では「便秘」はどのように考えられているのか・・・そのことについて説明していきましょう。
まず最初に、東洋医学において「便秘」の認識についてです。
東洋医学では健康とは、人間の体内にある内蔵それぞれで働き、連携しあってうまれるとされているのです。
消化器官のことを東洋医学では「脾胃」とよばれています。
食べ物を食べると、脾胃で必要なもの・必要でないものに分けられます。
脾胃で必要なもの(清)・必要でないもの(濁)に分けられ、清は体内の必要なところに運ばれ、濁は排出されるのです。
この清と濁がうまく機能していると「便秘」は起こりませんが、清と濁・・・主に濁が正常に働いていないから「便秘」が起こってしまうのだとされているのです。
ですので、この脾胃の働きを高めるため漢方薬を処方するのです。

 <  前の記事 東洋医学で考える「便秘」とは  |  トップページ  |  次の記事 便秘と動物  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6286

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「便秘 ~便秘解消とっておきのコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。