Top >  便秘対策 >  東洋医学で考える「便秘」とは

東洋医学で考える「便秘」とは

前回に紹介した薬は、急いで対処しなければいけない場合で、短期間のみ服用するのに適したものです。
ですので、長く継続的に服用したり、体質を改善するための薬ではありませんから注意が必要です。
そして、今回説明する薬は武田薬品の武田漢方便秘薬や大正製薬のコーラック・エスエス製薬のスルーラックSなどの薬です。
これらはかなりきついとされている薬ですので、本当にどうしようもない場合にのみ服用するといいでしょう。
そして、便秘解消の薬についてですが、西洋医学だけではなくて東洋医学においてもいろいろと研究されているようなのです。
東洋医学と聞いて思い浮かぶのは、ツボや漢方薬といったものではないでしょうか?
東洋医学でもいろいろと「便秘」について研究されている・・・東洋医学では「便秘」はどのように考えられているのかについて迫ってみましょう。

 <  前の記事 薬を服用する際は注意事項を守ること  |  トップページ  |  次の記事 脾胃とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6285

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「便秘 ~便秘解消とっておきのコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。