Top >  便秘とは >  便秘スパイラルにはまった結果は・・・

便秘スパイラルにはまった結果は・・・

朝食を食ベルことで、眠っていた消化器官が活動を開始するのです。
そして、朝食を食べたことで便も外に出ようと働きます。
ですが、外に出るチャンスを失ってしまった便がお腹にあり続けるとどうなると思いますか?
腸に長くい続けると腸が便の水分を徐々に奪っていってしまうのです。
そして、水分を奪われた便は硬くなり、ますます外にでるチャンスをなくしてしまいます。
硬くなった便はやがて、「栓」となりその後に控えていた便が外に出るのを妨げるようになります。
こういった状況が繰り返されるのが便秘スパイラルとよばれるものなのです。
この便秘スパイラル・・・一度はまってしまうとこれから抜け出すのはとても大変です。
ですので、「朝食はきちんと食べる」「トイレは我慢しない」ということはとても重要だと思えますね。
これらを実行すれば便秘スパイラルにはまる可能性は低くなると言えます。

 <  前の記事 便秘がなぜ起こるか  |  トップページ  |  次の記事 慢性型便秘と急性型便秘  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/1269

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「便秘 ~便秘解消とっておきのコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。