Top >  便秘とは >  妊娠と便秘のつながり

妊娠と便秘のつながり

妊娠中の女性で便秘に悩んでいる人は実に多いです。
私も、妊娠中と出産直後は便秘に悩まされました。
なぜ、妊娠すると便秘になるのか・・・それは原因はいくつかありますが、まず第一の理由は黄体ホルモンというホルモンが分泌されることによって便の回数を減らすのです。
便の回数が減ってしまうと便秘の状態は長くなってしまいます。
さらに、お腹にいる胎児が大きくなると子宮も大きくなります。
そうすると子宮が腸を圧迫してしまうのです。
腸が子宮に圧迫されることで便が通りにくくなり、それが便秘の原因となってしまうのです。
便の水分が減ってしまうと便は硬くなります。
そうなると硬くなった便が栓となりさらに便秘につながってしまうのです。
妊娠中はいろいろな便秘要素を秘めているので、妊娠と便秘は切っても切れないものなのかもしれません。

 <  前の記事 薬を飲むリスクとは  |  トップページ  |  次の記事 妊娠中の便秘には  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/3814

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「便秘 ~便秘解消とっておきのコツ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。